インプレ ロッドインプレ

セフィアSS S86M |インプレ

シマノの「セフィアSS S86M」を購入してみたので、インプレしてみます。

秋の新子をメインに使いました。
参考までにどうぞ。

セフィアSS

セフィアSS」 はシマノから販売されているエギングロッド。

2019年にリリースされ、ミドルクラスのモデルになります。
価格は安い順に、セフィアBB、TT、SS、XR、エクスチューン、リミテッド(2021年現在)

一昔前はここまで多くのラインナップはなかったです。選択肢がかなり増えました。

実売価格は2万円代前半~となっており、免責保証書も付属しています。

スペック(S86M)

全長(m)2.59
継数(本)2
仕舞寸法(cm)133
自重(g)99
先径(mm)1.60
適合エギ(号)2~4
適合ラインPE(号)0.5~1
本体価格(円)28,500円

以上がスペック。
8.6ftのMクラスで自重は99g。

シマノの技術「スパイラルX」と「ハイパワーX」に加え、モデルによっては、ソフチューブトップタフテックαといった技術を搭載。

デザイン

普通です。
セフィアでおなじみの赤いカラーが使われていて特に目新しさはなし。

リールシートはCi4+素材のパーフェクトシートが採用されスッキリしています。

使用感(キャスト、やりとり)

カタい、ハリがあります。

キャスト後もティップのブレは少なくダルんとした感じもなし。

自重99gと軽く、実際に持ってみて先重り感や不快なバランスの悪さは感じません。 あとリールシートの持ち心地、触り心地はいいです。

秋イカメインに2.5〜3号のエギをキビキビと動かしたくて購入したのですが、アクションも効率良くできて誘いやすいです。

もちろん、春イカにも使えます!

コスパ

うーん、微妙。
個人的にはBBを買うくらいならTTが良いと思いますが、SSを買うなら、スパイラルXコアを搭載したXRでもいい気もします。

TTとSSはある意味中途半端な印象です。

でも一昔前ならハイエンドでもおかしくないクオリティなのでコスパは良いでしょう。

関連
セフィアTT S89M |インプレ

続きを見る

合わせるリール

同じシマノで合わせるなら

などが合うでしょう。

総合評価

ミドルクラスの価格帯のロッドでありながら、メインロッドとして十分使えます。

ハイエンドモデルを買うくらいなら、SSを2本購入、使い分けれると間違いなくエギングの幅が広がります。

ぜひ検討されてみては。

-インプレ, ロッドインプレ

© 2022 釣りのぶろぐ