釣行記

秋の山陰ライトショアジギング釣行、青物を求めて

読書の秋、食欲の秋、魚釣りの秋

10月下旬、秋も深まりサゴシやハマチなど青物の釣果を聞くようになったので出撃。

島根県の大社でライトショアジギング釣行をしてまいりました。

data

釣行日・・10月下旬
釣り方・・ライトショアジギング
釣行時間・・8:00~11:00
天候・・曇り、ベタ凪

大社築港

今回、釣行先として選んだのは「大社築港

出雲方面の漁港では人気の大きな港です。

春や秋には、サゴシやハマチなどの青物から、イカも釣れるのでルアーマンにも人気があります。

【大社築港】の釣り場紹介(島根半島) | 投げ・サビキ・ルアー、全てできる出雲の人気ポイント

続きを見る

ハイシーズンの休日は激込みで投げるポイントがないことも多いので、平日にいきました。が、ポイントに着くと平日にもかかわらず人が多かったです。

ポイント

大社築港は『コ』の字型をした堤防。

ルアーで一番人気は南防波堤(画像下側)
東波止の角もいいですが、いつ来ても何故か地元のおっちゃん達に先を取られています。

※南防波堤は足場が高いので注意、タモ網があると安心です。

LSJ(ライトショアジギング)開始

駐車場でアングラーとすれ違い、「釣れました?」と聞くと「サゴシが三匹、まだ釣れそうですよ~」と。

マズメは過ぎていますがアツイです!

しかも、南防波堤について水面をみると、イワシがびっしり(追われている様子はなし)

期待大でコアマンの「アイアンプレート」をフルキャスト。

開始早々に、ボトムを取ってからのただ巻きでゴンッとアタリ。

アワセを入れ難なく抜きあげ、サゴシでした。

ポイント移動

その後もサゴシを一匹追加して、次は築港から北上した磯場に移動。

初めての場所でしたが、鳥が飛んで射程圏内にボイルも発見。良い雰囲気でした。

早速ジグをキャストして表層早巻きすると、水面までジグを追いかけ波紋⁈が出るのがわかりました。

ナブっているが食いが悪く、少し沈めるとガンッ。手前まで寄せたところでフッとテンションが抜けフックアウト。その繰り返しが3回続いて4度目にしてようやくキャッチ。

ハマチでした。
45センチぐらいの小型でしたが、それでも青物!よく引いて面白いです。

納竿

ハマチを釣り上げた後もまだまだ釣れそうな雰囲気はありましたが、サゴシも釣っているし食べきれないので納竿としました。

秋は陸っぱりから青物を釣るチャンス!

今回はポイント移動含め3時間と短い釣行でしたが、サゴシ2、ハマチ1、バラし5と楽しめました。

秋は釣りをするには絶好の季節。特にショアジギングなどボウズの多い釣りは間違いなく秋のシーズンがおすすめです!

山陰では12月、1月ぐらいまではチャンスがあります。皆さんも行かれてみては。

お読みいただきありがとうございました

-釣行記
-

© 2022 釣りのぶろぐ