インプレ ロッドインプレ

セフィアTT S89M |インプレ

セフィアTTを購入・使用してしばらく経ったので、インプレしてみます。

秋の新子から春の親イカまで使ったので参考までにどうぞ。

セフィアTT

セフィアTT」はシマノから2020年にリリースされたエギングロッド。
価格帯ではセフィアBB - SSの中間に位置し、販売価格は定価で2万円代前半に抑えられています。

この価格帯で「免責保証書」が付属しているのもグッドです。

スペック(S89M)

全長(m)2.67
継数(本)2
仕舞寸法(cm)137
自重(g)107
先径(mm)1.6
適合エギ(号)2~4
適合ラインPE(号)0.5~1
本体価格(円)22,400

以上がスペック。
購入したのは8.9フィートのMクラスですが自重107gとそこまで重くありません。

CI4+リールシートも採用されておりデザインも悪くないです。

「スパイラルX」は採用されていますが、「ハイパワーX」は採用されていません。

使用感

メーカー説明で、"ロッド全身がしなやかに曲がる"とある通り、高弾性でシャキッとした感覚は感じられませんが、全体的に胴調子でほどよく曲がり扱いやすいです。

遠投重視の89でも107gなので重いなぁとは思いませんが、やや先重り感はあり(リールとのバランスにもよります)

軽さ重視の方は、TT以外で選択した方が良いと思います。

キャスティング

キャスト後に少しブレます。
シマノの技術ハイパワーXが入っていないから?

かといってスパイラルXが入っているので、芯は通っておりダルいわけではありません。

曲がるので初心者でもキャストタイミングがつかみやすく快適で、飛距離は十二分に飛びますよ。

イカとのやりとり

キロアップを何杯か釣りましたが、Mパワーなので十分にパワーもあり、1キロぐらいでは竿がのされることはないです。

イカ特有のファーストランにもロッドがしなやかに曲がってくれます。

オールラウンドのMクラスですが、秋イカにはMLの方が良いでしょう。
身切れや、やりとりを考えたらMでは強すぎる感じがます。

合わせるリール

同じシマノで合わせるなら

ヴァンフォード 2500S

ストラディック 2500S

セフィアSS C3000S

などが合うでしょう。

総合評価

初心者やサブロッドとしても十分な性能で、メインロッドとしても使えます。

セフィアBBも使用しましたが、間違いなくこっちが上。
エントリーモデルの「セフィアBB」と迷ったら、数千円追加してでも「セフィアTT」を選んだ方が良いです。

-インプレ, ロッドインプレ

© 2022 釣りのぶろぐ