釣行記

【7月】危険地帯でカサゴ釣り

釣行データ

釣行日7月上旬
釣り場但馬(地磯)
釣り方ロックフィッシュ
ターゲットアコウ
釣行時間12:00~14:00
天候晴れ

釣果

7月上旬、山陰地方は梅雨のど真ん中。

釣果情報を見る限り、ロックフィッシュも釣れてるしアコウ(キジハタ)を狙いにいきました。

新規開拓がてら初めての地磯へ。

朝マズメに合わせたかったが、初めての地磯で山道を通るので、危険と判断してお昼からにしました。

車をとめ山道を歩いて行くと動物のウ○コだらけ。

さまよいながら海にでたら断崖絶壁。降りれる所あるのか?と思いながら歩いていると木にくぐりつけてある数本のロープを発見。

ここだろうと見下ろしたら超断崖絶壁。落ちたら岩に叩きつけられ即○レベル。本気で引き返すか悩んだが、ここまで来て引くに引けず。

なんとか降りて釣り開始。

釣果の方はというと、無限にカサゴが釣れました。

まさかのアコウは釣れず(泣)

絶対に釣れる場所だと思うが時間が悪いのか?いや腕が悪いのか?

水深10~15mで足元から瀬が張り出し、根も荒く青物の回遊もありそうな雰囲気。
(そもそも釣れても、魚を持ってあの断崖絶壁を登れるのかが疑問だが)

超慎重に崖を登りながら帰路につきました。

おわりに

後から思えば、ケガこそ無かったが引き返せばよかったです。
時には引き返す勇気も必要ですね。

もう二度といきません。

ありがとうございました

-釣行記
-

© 2022 釣りのぶろぐ