雑記

《2048年問題》海から魚がいなくなる?

「2048年問題」って聞いたことありますか?

2048年、海から魚がいなくなると言われています。

これが本当なら、釣り好きな僕にとっては死活問題。

というか、魚がいなくなると漁師さんや食卓にとっても非常に大きな問題です。

そこで今回は

  • 2048年問題とは
  • 魚がいなくなる理由

についてお伝えしていきます。

そもそも、2048年問題とは

2048年問題とは、2006年にアメリカの権威ある科学誌サイエンスが発表した「天然の魚介類は2048年に壊滅する」といった論文の内容です。

2048年海から魚がいなくなる」と言う衝撃的なタイトル。

今僕たちが釣ったり、食べているお魚さんが海から姿を消してしまうのです。

かなりショッキングな内容ですね!

今この記事を書いているのが2022年。
16年前に発表された論文ですが、発表後も状況はほとんど変わっていません。

2048年問題が起こる理由

2048年問題が起こる理由は3つ。

  1. 地球温暖化
  2. 乱獲
  3. 海洋汚染

1. 地球温暖化

2048年、地球の気温は1.5〜2℃上昇する可能性があると言われています。

気温の上昇は海水温にも影響を与え、実際に日本海の海水温度は上昇しているというデータもあります。

僕の住む山陰では今でこそ通年サゴシが釣れますが、昔は今ほど釣れることは無かったようです。(本来は太平洋側の魚のはず)

温暖化の影響か何かでルートが下から上になったのでしょうか…。

藻場の減少も大きな問題となっていますが、その原因の一つに温暖化があると言われています。

サゴシはそこまででも、親イカ釣りたい人は多いハズ!

温暖化が生態系に与える影響は少なくなく、深刻化すると釣れなくなってしまう魚種も出てくるかもしれません。

温暖化は自然現象なのか、人間が原因なのか様々な意見があるようですが、正直どちらであっても人間のちょっとした行動程度ではどうにもならないでしょう。

2. 水産資源の乱獲

現在、世界の漁場では必要以上に水産物を「獲りすぎ」と言われています。

乱獲は、海の生態系を壊す大きな問題。

さらに、世界の人口は爆発的に増え続けています(日本は減少していますが)

2022年、世界の人口は79億人ですが、2050年までには96億人に達すると言われています。

それに対して、日本の漁獲量は1984年をピークに現在はその1/3ほどに。

世界で漁獲された魚種も、約3割が1/10に減少しているそうです。

間違いなく需要が供給を上回ります。

「養殖で増やせば」と思うかもしれませんが、現実はそう簡単なものではないそうです(エサ代、管理費、海の汚染、魚の病気など)

3. 海洋汚染

海は「将来的に魚よりゴミのほうが多くなる」と言われています。

とくに大きな問題となっているのが、プラスチックゴミ。

プラスチックは生ゴミなどと違い、自然に分解されません。何十年も消えずに存在すると言われています。

そして海には、毎年800万トンの莫大な量のプラスチックごみが廃棄されています。

ジャンボジェット5万機分の量らしいです…おそろしい。

そのほとんどは人間が生活の中で出すビニール袋やペットボトル。

海の生き物がプラスチックなどを食べ物と間違えて飲みこむケースが増えており、その生き物を人間が食べることによって、人間にも影響があるのではないかと懸念されています。

プラスチックゴミによる海洋汚染は世界中で深刻化しており、各国で問題解決に向けて取り組んでいますが、依然として厳しい状況にあります。

他にも、工業排水、生活排水、船舶から漏れる油などもあります。

僕たちが今できること

環境への思いやりを持つこと。

それくらいしかできません。

ライン、ウキ、たばこ、弁当や飲み物の容器、撒き餌の袋など捨てずに持ち帰るというのは、当然のこと。

ゴミのせいで釣り場が閉鎖されると、嫌な気分になりますしね!

自分が出したゴミじゃなくても、拾いましょう。

2048年に本当に魚がいなくなってしまうのかは誰にも分かりませんが、今の状態が続けば良くなることはないでしょう。

取り返しがつかないようになってからでは遅いので、環境を守るために一人一人が意識することが大切ですね。

お読みいただきありがとうございました

-雑記

© 2022 釣りのぶろぐ