インプレ リールインプレ

ストラディックSW6000HG 【インプレ】

この記事では、20ストラディックSW6000HGのインプレを書いていきたいと思います。

ショアジギング用として、ツインパSWのサブ機として、購入しました。

購入するか迷ってる方は参考にしてみてください。

ストラディックSW

2020年秋冬にフルモデルチェンジしたソルトウォーター専用のスピニングリールです。

番手は、4000番以上ということから、ライトゲーム向けではなく、ショアジギングや、オフショアに活用するためのリールという位置づけです。

スペック

ストラディックSW6000HG」のスペックです

ギア比5.7
実用ドラグ力
最大ドラグ力
7kg
12kg
自重440g
PE糸巻量2-440、3-300、4-210
最大巻上長103cm
ハンドル長60mm
ベアリング数BB/ローラー6/1
本体価格32,500円

以上がスペックです。

ステラなどの上位機種に搭載された、インフィニティドライブが装備されています。
※4000番には非搭載です。

見た目、デザイン

青みがかったガンメタとシルバーを基調にしたカラーリングです。
ボディはマットな質感で派手さはありません。

カタログ画像と比べると、実物はどこか安っぽい感じがしましたが、悪くはないです。

使用感、剛性

やっぱり、ツインパSWの方がカッチリ感はあります。
ボディはアルミ(半分は樹脂)で強いんでしょうが、ハンドル周りがカチャカチャとしたチープな感じがします。

ただ、シャクってなんぼのショアジギングで釣行中に気になることはなかったです。

耐久性は使っていかないと判断できませんが、無理な扱いをしない限り普通に使えると思いますよ。

残念ながら、ハマチクラスしか釣れていませんが、メジロ、ブリでも正直余裕だと思います。

コスパ

実売価格は2万円台でコスパは間違いなく高いです。

ボディ素材はアルミで長く使えるし、基本的に申し分のないリールだと思います。

合わせるロッド

ショアジギングで使うなら「コルトスナイパーBB、コルトスナイパーSS」のMHクラス辺りはいかがでしょうか。

参考までに、私はコルトスナイパーBBのS100MHに合わせましたがベストバランスでした!

コルトスナイパーBB S100MH 【インプレ】

続きを見る

総合評価

初心者〜中級者にはもちろん、サブ機としても十分使えます。
予算に余裕があるならば5000番スプールに2号、6000番スプールに3号など、使い分けもできるので汎用性もあります。

総合的にみると間違いなく優秀なリールだと思います。

-インプレ, リールインプレ

© 2022 釣りのぶろぐ