釣りアイテム

ショアジギング用クーラーボックスおすすめは?

ショアジギングに適したクーラーボックスを紹介します。

魚を新鮮な状態で保存できるクーラーは、釣り人の必須アイテム。

他のアウトドアや旅行などでも重宝するので、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

クーラーボックスの選び方

大きさ(容量)

青物をターゲットにしたショアジギングでは、25~35Lくらいのクーラーが適しています。

さらに言えば、ロングボディー(横長)がおススメ!

50~60cmの魚なら曲げずに収納、70cmを越えても曲げて収納できるからです。

ただしショアジギングはボウズも多い釣り。大きすぎるクーラーは釣り場に持ち込むのが億劫になるので注意です。

保冷力

クーラーの断熱材は基本的に「発砲スチロール(ポリスチレン)」「発砲ウレタン」「真空パネル」の3種類があります。

保冷力が優れるほど、重量が重く、価格も高くなります。

個人的に日帰りなら最も安価な「発砲スチロール(ポリスチレン)」で十分だと感じています。

その他の機能

  • 頑丈設計:イス代わりに使える
  • キャスター付き:楽に移動できる
  • 水抜き:ワンタッチで楽に水抜きできる

など、さまざまな機能があります。

またロッドレスト(スタンド)や、トレーなど付属品がつけれる商品もあります。

ショアジギングに適したクーラーボックスを紹介

ホームセンターで中途半端なモノを買うなら、釣り具メーカーのクーラーの方が断然おすすめです!

スペーザ ライト 250【シマノ】

最大50cmの魚を曲げずに収納可能。

発泡ポリスチレンですが十分な保冷力があります。実際に私もこのモデルを使っていますが、使い勝手はかなりいいです!

上位モデルに「スペーザ ベイシス」「スペーザ リミテッド」があり、持ち運びが楽なキャスター付きもあるのでチェックしてみてください。

容量(L)25
重さ(kg)5
外寸(mm)657×305×320
内寸(mm)492×212×230
断熱構造発泡ポリスチレン

スペーザ ライト 350【シマノ】

先の35Lモデル。こちらは最大60cmの魚を曲げずに収納できます。

これも上位に「ベイシス」「リミテッド」があり、キャスター付きもあります。

このサイズになると、氷や魚を入れると重くなるので、キャスターを選んでもいいかもしれませんね。

容量(L)35
重さ(kg)6.1
外寸(mm)766×347×320
内寸(mm)592×252×230
断熱構造発泡ポリスチレン

ライトトランクα S 2400 【ダイワ】

ライトトランクという通り、軽量のクーラーボックスです。

軽いのに座れる頑丈ボディで、ロングボディー(内寸幅:46.5)なので中型魚ならしっかり収納できます。

値段も比較的安くおすすめです!

容量(L)24
重さ(kg)4.0
外寸(cm)31.5×60.5×30.5
内寸(cm)22×46.5×22.5
断熱構造発泡スチロール

ライトトランクα S 3200 【ダイワ】

さきの32Lモデル。

32Lで「4.6kg」と圧倒的な軽さです。

2400もですが、上位モデルに「GU」「SU」「ZSS」があります。

容量(L)32
重さ(kg)4.6
外寸(cm)31.5×69×34
内寸(cm)22×56.5×24.5
断熱構造発泡スチロール

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー

釣り具メーカーのものに比べたら耐久性や保冷力は劣りますが、半日程度の釣行なら十分使えます(実際に使っていました)。

軽量で安価、サイズも豊富なのでチェックしてみてください。

容量(L)7L.11L.17L.22L.27L.33L.48L.76L
断熱構造ポリスチレンフォーム

おわりに

クーラーボックスは、魚を傷めず持ち帰るのが基本的な役割です。

何泊もしない限りそこまで高性能なクーラーは不要。もし心配であれば、追い氷も有効です。

釣行時間、釣り場、釣れる魚の大きさなど加味しながら、最適なクーラーを選びましょう!

-釣りアイテム

© 2022 釣りのぶろぐ