釣りアイテム

ドカットが釣りでも、釣り以外でも優秀すぎる【タックルボックス】

”ドカット”とは、リングスター社から発売されている収納ボックス。

元々は工具用として販売されていましたが、使い勝手の良さから釣り人に愛用されています。

オフショアでは定番!ショアでも収納に便利!

釣り用のタックルボックスとして人気が広まったため、今では釣具店でも販売されていますよ。

今回は、そんなドカットの魅力について紹介していきます。

ドカットの特徴

抜群の強度

プラスチック製ですがガタや隙間がほとんどなく、超頑丈な造りになっています。

BOXの上に荷物を積み重ねたり人が乗ってもビクともしません!

また多少の水しぶきがかかったくらいでは浸水せず、潮で汚れても真水で洗い流せばOK!メンテナンスも楽々です。

汎用性の高さ

釣り場に持ち込んだり車に載せておくのはモチロン、他の用途としても使えます。

わが家では、キャンプ・釣り具収納+踏み台や椅子代わりとして重宝しています。

一家に2、3台ドカットあっても良いかもしれません。

選べるサイズ

ドカットは3つのサイズから選べます。

長さ(L)幅(W)高さ(H)
D-4500465280280
D-4700465333322
D-5000538359347
  • 4500・・コンパクトながら収納や取り回しが良く持ち運びしやすい
  • 4700・・真中のサイズで1番人気。容量的にも十分
  • 5000・・大容量で釣り以外の物でも収納可能。なんでも入れたい人向け

”D-4500”は徒歩での移動が多く荷物が少ない方向けです。

”D-5000”は正直大きすぎです。大は小を兼ねると言いますが、荷物を詰め込むと重すぎて持ち運びにも苦労します。

”D-4700”が個人的には汎用性があって幅広く使えます。1番人気もコレ!

良心的な価格とコスパ

3000円前後で購入することが出来ます。

安価で入手しやすく、耐久性も無茶な扱いをしない限り半永久的に使えます。

この圧倒的なコスパの高さも人気の1つです。

デザイン

表面に突起などなく、シンプルなデザインとなっています。

定番カラーは赤と青の2色ですが限定カラーもあります。塗装したりステッカーを貼るのもOK。

カスタムできる

元々がシンプルさゆえにカスタムする人も多いです。

私はドノーマルで使っていますが、それでも使いやすいですよ!

改造の仕方は人それぞれですが、定番はロッドホルダーやカップホルダーを付けたり。自分好みに仕上げていきたい人には超おすすめ!

バケットマウスという選択

「改造とかしないし、釣り用として使いやすいものがいい」という人には”バケットマウス”がおすすめ。

こちらもドカット同様に頑丈な造りになっています。

釣り用として開発されているので、釣りに特化した拡張パーツが豊富なのが特徴です。

ドカットのデメリット

デメリットというほどでもありませんが、他の人と被ります。

特に船釣りは”メイホーのバケットマウス””リングスターのドカット”が9割以上を占めている気がします。

間違えないためにも、なにか目印となるモノを貼っておくといいですよ。

【関連】釣具の収納はタックルボックスで決まり!ランガン向きなものから人気の商品まで紹介

ドカット まとめ

以上ドカットについてご紹介していきました。

釣りのジャンル関係なく、タックルボックスを持っていない方なら”買いな商品”です。

最悪釣りをしなくなっても、普通に工具箱や踏み台として使えるので家に1ドカットあれば様々な場面で活躍するハズ!

お読みいただきありがとうございました

-釣りアイテム

© 2022 釣りのぶろぐ