エギング

安くて使えるおすすめの【エギングロッド】コスパ最高!

近年、非常にエギング人気が高まっています。

エギングをするうえで、専用のロッドを使うことは、間違いなく釣果アップに直結します。

この記事では、数ある製品の中から、おすすめの安値なエギングロッドをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのエギングロッド7

さっそくですが、安値でコスパ抜群なエギングロッドをご紹介していきます!

  • エギングを始めたい
  • 購入費用を抑えたい
  • サブロッドが欲しい

安値でも有名メーカーのモノでしっかりと使えるので、上記に当てはまる方は参考にしてみてください!(紹介するロッドは全て1万円前後です)

1.シマノ / セフィアBB

2.シマノ / ルアーマチック

3.ダイワ / エメラルダス X

4.ダイワ / リバティークラブエギング

5.メジャークラフト / ファーストキャストエギング

6.メジャークラフト / ソルパラ

7.タカミヤ / リアルメソッド エギング

エギングロッド選び方

関 連
エギングロッドの選び方【初級編】長さや重さ、硬さは?

続きを見る

ロッドの長さ

エギングロッドは、遠投性や操作性のバランスのよい、8.6ft前後が一般的とされています。

もし初めの一本で迷うなら、オールマイティーに使える8.6ftがおすすめ。
子どもや女性は少し短めのロッドが扱いやすいと思います。

ロッドの硬さ

柔らかいほど小さなエギをシャクリやすく、固いほど大きなエギを扱うのに適しています。

L(ライト)~MH(ミディアムヘビー)までありますが、初めはオールラウンダーのM(ミディアム)がおすすめです。

ロッドの重さ

長時間シャクるエギングでは、疲れを軽減させるためにも、できるだけ軽量のロッドを選択した方がいいでしょう。

エギングロッドに汎用性は?

エギングロッドはとても汎用性の高いロッドです。

シーバス、ライトショアジギング、ロックフィッシュ、バス釣りなど様々な釣りで兼用可能。

ルアー以外にもサビキ釣りや、ちょい投げなんかもでき、ちょい投げは、エギングロッド専用のちょい投げ仕掛けが発売されるほどです!

エギングを始めよう!!

今回紹介したロッド以外にも多くのメーカーからロッドがリリースされています。

選ぶとなっても実際には、イメージが湧きづらいと思うので、有名メーカーの製品から選んでみたり、釣具屋にモデルがあったら触ってみるのもいいでしょう。

お気に入りのロッドを手に入れてエギングを始めましょう!

-エギング
-,

© 2022 釣りのぶろぐ